◇公瑾からの書簡


私は今、江水を下る船の中にいます。
先ほど、状況を報せる文を受け取りました。
今回のことは、本当に大変でしたね。
遠く離れた場所から、案じることしか出来ない我が身を、
これほど恨めしく思ったことはありません。
お怪我はありませんでしたか?
向こう見ずな貴女のことですから、
分をわきまえぬ振る舞いをして、
危険な目に遭っているのではと心配です。
悪いことはいいません。
私が行くまでは、あまり無茶をしないことです。
……貴女のことを、心から想っています。
どうか、無事でいてください。


公瑾